このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

小規模多機能施設とは小規模多機能施設とは

「小規模多機能型居宅介護」とは、平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、
地域密着型サービスのひとつです。
介護が必要となった高齢者が、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、
「通い」を中心に「訪問」「泊まり」の3つのサービス形態を柔軟に組み合わせて利用できる
サービスです。

特徴

  • 「通い」「訪問」「泊まり」どのサービスを利用しても、いつも顔なじみのスタッフがケアを行います。
  • 少人数登録制のため、家庭的な雰囲気の中で、他の利用者・スタッフと楽しく過ごすことができます。
  • 24時間年中無休なので、いざという時にも対応可能。安心して在宅生活が送れます。
  • 介護度が中重度になっても、住み慣れた自宅での生活を可能にします。
  • 利用者や家族のその日の状態に合わせて提供するケアの内容を変動することができます。

ゆりの花の小規模多機能型居宅介護