このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

グループホームとは

認知症の方が少人数で共同生活を行う、家庭的な「家」です。
専門のスタッフのケアを受けながら一緒にご飯を作ったり洗濯や掃除を行います。
落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることによって、認知症の進行を穏やかにしていきます。
介護保険の中では「認知症対応型共同生活介護」といわれ、
地域密着型サービスに位置づけられています。

特徴

  • 可能な限り自立した生活を送ることができるように
      「自立支援」をサービスの基本とします。
  • 少人数の中で「なじみの関係」をつくり上げることにより、
      心身の状態を穏やかに保ちます。
  • 各個人の居室を持ち、個人個人の生活週間やリズムを
      最大限尊重します。
  • 地域の様々な活動に参加しながら、尊厳のある
      その人らしい毎日を送れるようお手伝いします。
  • 共同生活を営む者同士の「集団の力」を活かし、
      互いに助け合い、生活が営めるように援助します。
  • 家族や大切な人との交流の自由が保たれ、
      以前と変わらぬ生活ができます。

ゆりの花のグループホーム

葉のイメージ